2013/01/26

商標とは目印のこと

前回までは、商標登録をするメリットと、それにかかる費用についてお話ししました。
(バックナンバーがみられるよう現在準備しておりますので、どうぞお待ちください。)

 

今回は、「そもそも商標って何?」というお話をします。
結論から言いますが、商標とは、「目印」だと覚えてください。
商標とは、お客さんが、あなたのお店や商品などを見つけるための「目印」です。

 

マーケティングの基本は、「あなたの商品を買ってくれるお客さんと出会うこと」ですよね。
商標は、あなたとお客さんとが出会うための「目印」となります。
また、あなたの商品を気に入ったお客さんが、リピーターとしてあなたの商品を再度購入する際の「目印」になったり、
「あの商品良かったよ!」とお友達に勧めるときの「目印」となったりします。
次第にこの「目印」は、「ブランド」と呼ばれるようになり、「あのブランドなら品質は安心だ」という信頼が蓄積されます。

 

話がそれましたが、商標とは何かというと、「目印」となればなんでも良いんです。
これらを大別すると、おおむね以下のようになります。
(1)文字(名前)
(2)図形(絵など)
(3)図形+文字
商標登録されている商標も、ほとんど、このうちのどれかです。
あなたの商標は、どれに該当するでしょうか?

 

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
弁理士の井上でした。

通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら