2016/04/10

エステサロンのサロン名は商標申請する必要がありますか?

こんにちは、AIS弁理士事務所の井上です。東京都杉並区で商標専門の弁理士をしています。

 

 

エステ関係の事業をするときは、何から商標申請するか優先順位をよく考えましょう。

 

エステ関係の事業において商標登録すべき商標(名前)は、いくつかあります。

一般的に、下記の3つはよくあるものです。

 

1)エステサロンの名前

(2)オリジナルのメソッド(施術方法)の名前

(3)オリジナルの化粧品などを扱う場合はその名前やブランド名

 

 

商標申請する予算がない場合は、まずは名前を「兼用」するという手もあります

 

一般的に、一番商標登録する優先順位が高いのは、(1)エステサロンの名前、だと思います。ただし、その方の事業戦略によっては、(2)のオリジナルメソッドの名前をすごく大事にする方もいます。そういう場合、(1)と(2)の名前を同じにしてしまえば、ブランド管理的には費用が安くなります。(3)についても同じで、化粧品のブランド名をエステサロンの名前と同じにしてしまえば、ブランド管理にかかる費用は安くなります。

 

 

まずは、弁理士にご相談ください。

 

エステサロンの場合、商標登録というのは非常に重要な保険です。ですから、どれから優先的に商標申請するかは、専門家と相談するのが一番良いかと思います。

当方では、お客様の予算に合わせて優先度を設定し、計画的にブランド管理を進めていくことを得意としております。

 

 

※商標登録について疑問や不安のある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。
質問事項を記載するのが難しい方は、「商標登録の事で相談したい」という程度の簡単な書き方でも結構です。こちらから、ご連絡を差し上げます。

 

 

<お問い合わせフォーム>

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
AIS弁理士事務所
住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

カテゴリー

通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら