2016/03/26

協会を作るときは、NPO法人と一般社団法人どちらがいいですか?

こんにちは、AIS弁理士事務所の井上です。東京都杉並区で商標専門の弁理士をしています。

 

私は、「協会」や「資格認定機関」を設立するコンサルをやっていますが、その際に多くいただく質問の一つです。

 

 

公益性をアピールして信頼を勝ち取りたいならばNPO法人が有利

 

結論として、NPO法人でも、一般社団法人でも、どちらでも良い場合が多いです。

ただし、それぞれメリットでメリットがありまして、NPO法人の最大のメリットは、公益性をアピールして信頼を勝ち取ることができるという点です。

 

その一方で、設立に必要な人数が多かったり、設立にかかる手間が大きいのがデメリットです。

 

 

一般社団法人は、設立の手続や会計処理等

 

一般社団法人の最大のメリットは、設立の容易さです。NPO法人に比べると圧倒的に簡単に設立できます。

 

 

 

まとめると

 

どちらも公益色の強い法人形態ではありますが、NPO法人の方がより公益色が強いです。

とにかく公益色を強くアピールしたいという場合を除けば、NPO法人よりも一般社団法人の方が設立や会計が簡単なのでおすすめです。私のお客さんでも、◯◯協会は一般社団法人が多いです。

 

 

NPO法人も一般社団法人も商標登録が重要です。

 

この点については、別の記事をご参照ください。
<NPO法人の商標登録に関する過去の記事>

 

 

 

※商標登録や協会設立について疑問や不安のある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。
質問事項を記載するのが難しい方は、「商標登録の事で相談したい」という程度の簡単な書き方でも結構です。こちらから、ご連絡を差し上げます。

 
<お問い合わせフォーム>

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
AIS弁理士事務所
住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

カテゴリー

通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら