2016/01/30

普通名称に近い商標登録を狙う

こんにちは、東京都杉並区で商標登録専門の弁理士をしています、井上です。
「そのまま」の商標は、登録になりません

 

商標登録のルールとして、「サービスの内容をそのまま表した商標は登録にならない」というものがあります。なので、その名前を見た瞬間、「こういうサービスね」と分かるような名前は、商標登録できないということです。

 

 

 

連想できるギリギリを狙う

 

しかし、商品名やサービス名は、その名前から、サービスを連想できた方が良いですよね。ですから、「そのまま」ではないけれど、「連想できる」ギリギリのラインを狙うというのは、一つのテクニックです。

 

 

 

次回は、ギリギリを狙うためのテクニックを幾つかご紹介します。

 

<次回:普通名称っぽいギリギリのラインを判断する方法>

 

 

※商標登録について疑問や不安のある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。
質問事項を記載するのが難しい方は、「商標登録の事で相談したい」という程度の簡単な書き方でも結構です。こちらから、ご連絡を差し上げます。

 
<お問い合わせフォーム>

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
AIS弁理士事務所
住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

カテゴリー

通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら