2016/08/26

商標登録と取引先

こんにちは、AIS弁理士事務所の井上です。東京都杉並区で商標専門の弁理士をしています。

 

皆さんは、商標登録は誰のためにするのか? ということを考えたことはあるでしょうか?

 

一つは、「自分のため」。もう一つは、「自分のお客様のため」。

そして、もう一つとても大事なのが・・・「取引先のため」という観点です。

 

 

商標登録しないと取引先が困ることがあります

 

取引先というのは、例えば、皆さんの商品を売ってくれる小売店や代理店などのことです。

 

例えば、経営者が商標登録を怠ったために、「ABC」という商品名が使えなくなったとします。そうすると、今までお客さんから認知されていた「ABC」という商品名を変更しなければなりません。こうなると、もちろん経営者自身も困るわけですが、「ABC」を取り扱っていた小売店や代理店も同じくらい困ることになります。今まで通り商品を仕入れたとしても、名前が変わってしまっていたら、もはや、今まで通りには売れないためです。

 

 

取引先が増えてきたら、商標登録をするタイミング

 

例えば、地域のお店で、経営者が一人でローカルビジネスをしているような場合は、商標登録はあまり必要ないかもしれません。なぜならば、そこにお店がある限り、名前が変わっても、お客さんはある程度足を運んでくれるためです。

 

しかし、自分一人でビジネスをしている段階を超えて、色々な取引先があなたのビジネスを紹介したり、代理販売するようになったら、そのときは、もはや商標登録は限りなく義務に近いものとなってきます。

 

 

※商標登録について疑問や不安のある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

質問事項を記載するのが難しい方は、「商標登録の事で相談したい」という程度の簡単な書き方でも結構です。こちらから、ご連絡を差し上げます。

 

 

<お問い合わせフォーム>

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

AIS弁理士事務所

住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カテゴリー

通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら