2016/06/28

LINEスタンプなどの商標登録

こんにちは、AIS弁理士事務所の井上です。東京都杉並区で商標専門の弁理士をしています。

 

スタンプも一種の商標と言える場合があります

 

商標というのは、商売上のマークです。ですから、お客さんが、そのマーク(文字や図形やデザインなど)を見たときに、「あ、このマークはあの会社のものだ!」とか、「あ、このマークはあの商品に関連するものだ!」といったような認識をするものは、形はどうあれ、一種の商標といえます。

 

LINEなどのスタンプも、ある程度有名なものになると、そういった商標的機能を帯びてきます。

 

 

スタンプを商標登録するときのメインの区分は第9類です

 

商標登録は、そのマークを何の商品(またはサービス)に使用するのか、ということを登録します。例えば、「シャネル」という商標を衣類に使う場合、洋服などが含まれる「第25類」で登録します。

 

LINEなどのスタンプの場合、少々難しいのですが、一番メインになるのは、「第9類」と考えられます。これは、電子プログラムなどが含まれる区分です。

 

 

スタンプの商標登録の仕方は大きく3パターンあります

 

LINEスタンプには名前のあるキャラクターが用いられることが多いですよね。こういうとき、商標登録の仕方は主に3つあります。

 

(1)キャラクターデザインのみ商標登録する

(2)キャラクターデザインにキャラクター名を併記し、一つの商標として商標登録する

(3)キャラクターデザインとキャラクター名両方を別々の商標として2件登録する

 

一番万全なのは(3)ですが、コストパフォーマンスの良い方補として(2)もよく取られる方法です。

 

 

※商標登録について疑問や不安のある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

質問事項を記載するのが難しい方は、「商標登録の事で相談したい」という程度の簡単な書き方でも結構です。こちらから、ご連絡を差し上げます。

 

 

<お問い合わせフォーム>

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

AIS弁理士事務所

住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カテゴリー

通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら