2016/06/06

協会名は商標登録になりやすい

こんにちは、AIS弁理士事務所の井上です。東京都杉並区で商標専門の弁理士をしています。

 

 

「◯◯協会」といった名前の団体を作る場合、商標登録は必須だと言われています。この背景には、「◯◯協会」という協会名と単に「◯◯」という言葉を比較したとき、「◯◯協会」という協会名の方が商標登録になりやすいということがあります。

 

 

「◯◯」が普通名称であっても商標登録になることも

 

通常、辞書に載っているような普通名称は、そのまま商標登録することはできません。しかし、これを「日本◯◯協会」という形にすると、商標登録になる場合があります。

 

 

権威的な団体を作るために、まず名前だけ押さえるケースも

 

「日本◯◯協会」という名前は「◯◯」分野で権威的な団体に見えますので、そういう理由で、まだ事業を始める前に商標登録をして、名前を押さえる方もいます。確かに、どうせ事業をやるならば、早く名前を押さえるというのはよい手かと思います。

 

 

登録になる前にホームページなどで実体を作ろう

 

よく、「まだ協会を作っていないのに、◯◯協会という名前を商標登録することはできるんですか?」というご相談を受けることがあります。この点はご心配煎りません。ただし、全く実体がない場合は商標登録が認められない場合がありますので、一応簡易的なホームページ等は作っておくと良いでしょう。

 

 

協会ビジネスについては、下記の記事にわかりやすくまとめてありますので、ご参照ください。
協会の商標登録

 

 

※商標登録について疑問や不安のある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

質問事項を記載するのが難しい方は、「商標登録の事で相談したい」という程度の簡単な書き方でも結構です。こちらから、ご連絡を差し上げます。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

AIS弁理士事務所

住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カテゴリー

通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら