2016/04/19

商標とは何か、一言で言うと?

こんにちは、AIS弁理士事務所の井上です。東京都杉並区で商標専門の弁理士をしています。

 

 

商標とは、お客様があなたのビジネスを認識するための「目印」です。

 

「商標」を英語で言うと、Trademark(トレードマーク)といいます。Tradeは商取引のこと。そして、markは、「目印」です。

 

例として、スターバックスについて考えてみましょう。

もしあなたが駅前でWifiを使えるカフェに入りたいなと思ったとき、「スターバックス」のあの緑の看板を探すのではないでしょうか。これは、まさに、お客さんにとってあの看板が目印になっているということです。つまり、あの「緑の看板」は商標として機能しているということになります。

 

次に、あなたが友達と待ち合わせをするのに、駅前のスターバックスを利用しようと思ったとします。そのとき、インターネットで「スターバックス ◯◯駅」と検索するのではないでしょうか。

このとき、「スターバックス」という文字列(店名)は、あなたがこのお店を見つけるための目印となっています。したがって、この「スターバックス」という文字列も、商標として機能しているということになります。

 

 

 

このように、商標とは、図形や文字列などを見たら「あの会社のだ!」と分かるようなものをいいます。

 

そういう意味で、例えば、Windowsを起動したときになる音なども一種の商標と言えます。

国によっては、「香り」なども商標として認められている場合もあります。

 

ただし、やはり、一番一般的な商標は、文字やロゴです。その中でも、文字列は圧倒的に商標登録する件数が多いです。皆さんも、事業をやっていて「この文字列はうちのオリジナルのものだ」と思った場合、商標登録を検討してみてください。

 

 

 

※商標登録について疑問や不安のある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

質問事項を記載するのが難しい方は、「商標登録の事で相談したい」という程度の簡単な書き方でも結構です。こちらから、ご連絡を差し上げます。

 

 

<お問い合わせフォーム>

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

AIS弁理士事務所

住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カテゴリー

通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら