2016/01/18

芸名に関する取材を受けたときの話

 

こんにちは、東京都杉並区で商標登録専門の弁理士をしています、井上です。

以前、とある週刊誌からとある歌手の芸名に関する取材を受けました。

 

 

確か記者の方のご質問は、

 

「◯◯さん(歌手)が事務所を移籍した場合、今の芸名を使えなくなる可能性がありますか?」

 

というもの。

 

僕はこの件について得に何も知らないので、一般論としてご回答しました。

芸名が使えなくなるケースとしては、2パターン考えられます。

 

 

(1)事務所によって芸名が商標登録されてしまっている場合

 

この、一つ目については、専門家の間でも色々な議論があります。おそらく、現在の法律では、芸名を「名乗る」だけであれば、商標権侵害にはならないので、必ずしも芸名を変える必要は無いでしょう。

 

しかし、今回の週刊誌から取材があったような有名人は、その芸名がすでに一種のブランド名となっています。その芸名は、ロゴになったり、パッケージに大きく表示されたり、色々な形で使われます。このような使用は、おそらく商標権侵害に該当することになるでしょう。

 

 

(2)契約書によって事務所をやめた後の芸名の使用が禁止されている場合

 

こちらのケースは、(1)よりも危険です。基本的に、契約にしたがわざるを終えないと思います。

 

余りに不合理に長い期間芸名の使用が禁止されている等があれば、裁判をすれば覆すことができるかもしれませんが、それもなかなか大変なことです。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
AIS弁理士事務所
住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カテゴリー

通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら