2017/02/26

楽曲名は商標登録する必要がある?

こんにちは、AIS弁理士事務所の井上です。東京都杉並区で商標専門の弁理士をしています。

 

PPAPの商標登録について話題になっていますね。音楽分野にも商標登録の波が押し寄せている感じがします。

 

ところで、PPAPというのは、一種の楽曲の名前と言えますが、楽曲の名前をいちいち全部商標登録しなければならないのでしょうか?

 

私の知る限り、楽曲の名前を商標登録することは稀です。楽曲の名前というのは、通常は、楽曲の内容を示したにすぎないものと考えられ、商標と認識しないことが多いです。

例外的に、PPAPのように楽曲名のレベルを超えて有名になったり、同じ楽曲名でシリーズのようにしてCDを出すような場合は、商標登録を検討する必要があります。

 

 

私は音楽分野の商標が得意で、多くの音楽家のご相談に乗っていますが、やはり、一番多いのは、バンド名やユニット名の商標登録です。

 

音楽家が最優先に商標登録すべき商標は何か? というのはなかなか難しい問いですが、「何を商標登録するか?」を考えるときは、お客さんの間で一番有名なのは(広く認識されるのは)何か? と考えるといいと思います。

 

例えば、音楽ユニットの場合、通常は、個人の芸名よりも、一つの楽曲名よりも、バンド名、ユニット名ということになるかと思います。ですから、多くの場合、バンド名やユニット名を優先的に商標登録する必要があるのです。

 

 

※商標登録について疑問や不安のある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

質問事項を記載するのが難しい方は、「商標登録の事で相談したい」という程度の簡単な書き方でも結構です。こちらから、ご連絡を差し上げます。

 

 

 <お問い合わせフォーム>

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

AIS弁理士事務所

住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カテゴリー

通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら