2016/09/02

芸名・バンド名・ユニット名の商標登録と「承諾書」について

こんにちは、AIS弁理士事務所の井上です。東京都杉並区で商標専門の弁理士をしています。

 

著名な芸名・バンド名・ユニット名を商標登録するときは本人の承諾書が必要

 

商標法4条1項8号では、著名な芸名を商標登録するときは、「本人の承諾」が必要だとしています。

この「著名な」の基準は難しいところなのですが、一つ傾向としていえるのは、だんだん、この「著名」の基準が下がってきていて、「承諾書」を求められるケースが増えてきたということです。

 

 

承諾書が求められるケースとして多いのは、次の二つです。

 

(1)所属している音楽事務所、芸能事務所などが商標登録するとき

 

アーティスト本人が芸名・バンド名・ユニット名などについて商標登録するのではなく、所属事務所が商標登録するケースがままあります。昔は、そういうケースではあまり承諾書をもとめられなかったようなのですが、事務所とアーティストの揉め事がおおいせいか、こういう場合にも承諾書を求めるケースが増えてきました。

 

ちなみに、バンド名やユニット名の場合は、メンバー全員の署名が入った承諾書必要なので注意が必要です。

 

 

(2)バンド名やユニット名について、リーダーが商標登録するとき

 

バンド名やユニット名について、そのバンドやユニットのリーダーの名義で商標登録するときは、残りのメンバー全員の署名が入った承諾書が必要となる場合があります。

 

よくあるケースとして、「他のメンバーの承諾は得られないかもしれない・・・」ということで、リーダーの方がご相談に来るケースもあります。こういうときは、とりあえず商標申請してみるしかありません。特許庁が「承諾書が必要」というかどうかは、ほとんど審査官によりますので。私のお客様でも、ユニットのリーダーとサブリーダーの2人が、残りのメンバー2人の承諾を得ないで商標申請したケースがありました。これについては、つい先日、無事に、承諾書なしで商標登録になり安心しました。

 

 

※商標登録について疑問や不安のある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

質問事項を記載するのが難しい方は、「商標登録の事で相談したい」という程度の簡単な書き方でも結構です。こちらから、ご連絡を差し上げます。

 

 

<お問い合わせフォーム>

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

AIS弁理士事務所

住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カテゴリー

通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら