2016/03/13

協会の会員規約の大切さについて

こんにちは、AIS弁理士事務所の井上です。東京都杉並区で商標専門の弁理士をしています。

 

協会ビジネスは、協会と会員の契約によって成り立つビジネスです。

 

協会ビジネスは、協会が教えた知識や技術を会員がビジネスとして使用することを前提としています。協会と会員はビジネスの関係ですので、きちんとした契約を結ぶ必要があります。この契約には、例えば、「会員のみが協会から教わった技術をビジネスとして使用することができる」あるいは「会員以外は、認定資格名を名乗ることができない」といったことが記載されています。

 

 

 

協会と会員の約束事は「契約書」ではなく「会員規約」という形をとることが多いです。

 

協会ビジネスの場合、契約の対象となる会員数が多いですので、一人一人と個別の契約を交わすのは大変だからです。会員規約とは、基本的に、会員となった時点でそれに従う義務が生じるもので、一種の契約といえます。

 

 

 

※商標登録について疑問や不安のある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。
質問事項を記載するのが難しい方は、「商標登録の事で相談したい」という程度の簡単な書き方でも結構です。こちらから、ご連絡を差し上げます。

 

 

 

 
<お問い合わせフォーム>

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
AIS弁理士事務所
住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

2016/03/10

専属マネジメント契約書ってなんでこんなに難しいの?

 

音楽事務所に音楽家が所属するときの契約書を、専属マネジメント契約書、マネジメント契約書などといいます。
実は、この契約書は、非常に重い内容となっています。

プロを目指す音楽家の中には、「とりあえず」音楽事務所に所属するという方も多いです。特に、若いミュージシャンにとっては、 バイト感覚という場合もあるかもしれません。しかし、実は、音楽事務所との契約書の内容は、バイトどころか正規雇用の就職よりも重いものとなっています。事務所への所属を考えている方は、よくよく内容を読んでからサインするように注意しましょう。

 

 

マネジメント契約書は 音楽事務所と音楽家が対等なビジネスのパートナーシップを結ぶ契約書です。

音楽事務所に所属するというのは、「雇われる」ことではなく、個人事業主として音楽事務所とがっちりパートナーシップを組むことだと考えてください。音楽事務所に何かをしてもらうことを期待して契約をするのではなく、利益も損失も自分と事務所で分配する。マネジメント契約は、そういう責任のあるビジネスの契約です。

 

 

マネジメント契約書の内容が難しいのは当たり前なんです。

しばしば、「マネジメント契約書の内容が言葉が固くてよくわからない」と不満を言われる方がいらっしゃいます。しかし、これは、若干的外れな不満かもしれません。

マネジメント契約書が難しいのは、言葉が難しいからではなく、本当に難しいことが書いてあるからです。マネジメント契約書には、音楽事務所と音楽家が本気でビジネスをするための約束事が書いてあるのですから、内容が難しいのは当然です。ですので、今まで音楽ビジネスをやったことのない初心者のミュージシャンや法律の知識がない方には内容が理解できないかもしれません。しかし、そこはビジネスの世界ですから、音楽家側も、この契約書を理解した上でサインする責任があるのです。
マネジメント契約書にサインする前に専門家に相談しましょう

当方では、マネジメント契約書の内容に関する相談を承っております。契約書の内容に疑問がある方や、そもそも契約書の内容がよくわからないという方はお気軽にご相談ください。

 

 

 
<お問い合わせフォーム>

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
AIS弁理士事務所
住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

2016/03/01

認定資格制度や協会を作りたい方に向けたコンサルティングをやっております。

こんにちは、AIS弁理士事務所の井上です。東京都杉並区で商標専門の弁理士をしています。

 

私は、起業家向けのコンサルティングをしていますが、中でも一番ご依頼が多いのが、認定資格や協会を作りたい方向けのコンサルティングです。

 

 

◯ 自分の知識や技術を教えて広めていきたい方に最適です。

 

自分がお客様にサービスを提供するだけでなく、もっと広く自分の知識を広めたいという気持ちを持っている方は、ぜひ、協会や認定資格制度を作ることを検討してみてください。

 

 

◯ 私のコンサルティングでは、次のようなことをお伝えしています。

 

(1)協会組織の作り方の手順

 

(2)協会のブランディングについて

 

(3)協会のビジネスモデルの作り方

 

(4)協会員の増やし方

 

(5)補助金等の支援の受け方

 

(6)会員規約の作り方

 

(7)会費や認定資格の料金設定

 

 

◯ こんな方からご好評をいただいております。

 

整体やカイロプラクティックの先生、スポーツトレーナー、ボイストレーナーの協会づくりや、カルチャースクールの先生、コーチングの先生などの認定資格制度の支援をしております。

特に活躍されているクライアントとして「背骨コンディショニング協会」は、背骨のゆがみを整える独自のプログラムを広める活動をして、協会アワードを獲得されております。

 

 

※ 資格認定制度や協会ビジネスにご関心のある方は、下記のお問い合わせフォームからご連絡ください。質問事項を記載するのが難しい方は、「協会ビジネスについて相談したい」という程度の簡単な書き方でも結構です。こちらから、ご連絡を差し上げます。

 

 
<お問い合わせフォーム>

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
AIS弁理士事務所
住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

2016/02/29

東京都の方、商標登録の無料相談に関する良くあるご質問

こんにちは、AIS弁理士事務所の井上です。東京都杉並区で商標専門の弁理士をしています。

 

当方では、東京都のお客様には、無料出張相談を承っています。

商標登録については、非常に専門的な話なので、良くわからないのが当然です。ぜひぜひ、お気軽にご連絡ください。

 

 

<よくあるご質問>

 

(1)商標登録するかどうかまだ決めていないのですが。

 

→ そういう方にこそ、無料相談を受けていただきたいと思います。本当に商標登録する必要があるのかどうかは、結構難しい問題なので、慣れている方であっても弁理士に相談して決めることが多いです。

(なお、当方では、「これは絶対商標登録しなければ行けない」ということは申しません。強要するようなことは一切ありませんので、ご安心ください。)

 

 

(2)そもそも、商標登録というものが良くわかっていません。

 

→ ぜひぜひ、無料相談をご利用ください。ちなみに、私から見ると、「商標登録とは何か」を良くわかっている方というのは、むしろ少数です。

 

 

(3)こんな名前が商標登録できるでしょうか?

 

→ 無料相談のときに簡単な調査をして、商標登録できそうかどうかをお伝えいたします。

 

 

(4)土日や夜間にも来ていただけますか?

 

→ 年中無休で営業しております。夜間の対応も可能です。

 

 

 

 

※商標登録について疑問や不安のある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。
質問事項を記載するのが難しい方は、「商標登録の事で相談したい」という程度の簡単な書き方でも結構です。こちらから、ご連絡を差し上げます。

 

 

<お問い合わせフォーム>

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
AIS弁理士事務所
住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

2016/02/24

音楽関係の方、補助金を申請してみませんか?

こんにちは、東京都杉並区で開業しております弁理士の井上です。

 

私は、音楽関係の方の法律支援をしているのですが、今年は、音楽関係のお客様にも積極的に経済産業省の補助金をおすすめしていこうかと思っています。

 

 

 

◯ 音楽家関係の方の中でも、特に、こんな方におすすめです。

 

・自分の音楽活動だけでなく、特定地域や特定業界の活性化に力を入れている方。

・これまでに無い取り組みをされている方。

・たくさんの人を巻き込んで活動されている方

・今までがんばってきているが、もう一つブレイクスルーのきっかけが欲しいという方。

etc.

 

このように書きましたが、実際は、インディーズで活躍されている方は、これらに当てはまるような方ばかりだと思います。

 

 

◯ 小規模事業者持続化補助金と創業補助金がおすすめ

 

小規模事業者持続化補助金は、販路拡大(例えば、HP作成等の広告費)に使える補助金です、

 

創業補助金は、法人化していない事務所やアーティストが法人化するときに非常に有効です。また、従業員に対する人件費にも使えます。

 

詳しくは、経済産業省の情報サイト「ミラサポ」をご覧ください。

 

 

※当方では、補助金申請のアドバイス業務をしております。専門家に依頼することで採択率が大幅に上がりますので、本気で補助金を利用したい方はご連絡ください。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
AIS弁理士事務所
住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

カテゴリー

通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら