レコード製作者の権利・・・シンガーソングライターの権利(3)

<登場人物>
井上 暁彦(以下、「井上」)・・・・・このブログの管理人で、弁理士。
スマイル饗子(以下、「饗子」)・・・将来有望なシンガーソングライター


井上: それでは、今日も、著作権の話をしましょうか。

饗子: 前回にひき続き、「シンガーソングライターの権利」についてですね。

井上: 前回までは、シンガーソングライターの権利として、以下について説明しました。

(1)著作者の権利・・・著作権(財産権),著作者人格権

(2)実演家の権利・・・財産権,人格権

饗子: 音楽でいうと、著作者は、作詞家・作曲家。実演家は、歌手や楽器奏者。シンガーソングライターは、著作者でもあり、実演家でもあるんですよね。

井上: そして今日は、「レコード製作者の権利」について説明します。

饗子: レコード製作者って、レコード会社やレーベルのことですよね? シンガーソングライターの私には関係ないのでは?

井上: 何をおっしゃいますか。

饗子: え ?

井上: 饗子さん、あなた、全国リリースした1stアルバムの「エンドレス・スマイル」はインディーズレーベルから出していましたけれど、その前に、自主制作で、「ブラッディ・スマイル」というアルバムを出しているじゃないですか。

饗子: そんな昔のこと、良くご存知ですね!いや実は、私、当時まだ全くの無名だったんですけれど、無謀にも、アルバム制作を某メジャーレーベルにもちかけたんです。そうしたら、「プログレッシブ過ぎてうちでは扱えない」といわれまして・・・。

井上: プログレ過ぎですか・・・。

饗子: でも、ライブのMCやブログでこの話をしたら、みんな面白がって買ってくれまして。おかげで、全国リリースした1stアルバムよりずっと売れてます。

井上: 完全に、恐いもの見たさですね。

< レコード製作者の権利 >

井上: レコード製作者の権利は、実演家の権利と同じく、著作隣接権の一種です。

著作隣接権とは、「著作物を創作したわけではないけれど、それを演奏したり、CDに録音したり、放送したりして、世の中に伝達する役割を担った人たち」に対して与えられる権利です。

饗子: 確かに、レコーディングって、かなり特殊な仕事ですよね。同じ楽曲でも、レコーディングする方法やお金のかけかたが違えば、別の作品になると思います。

井上: 「レコード製作者の権利」も、「著作者権」や「実演家の権利」と同様、複数の権利の総称となっています。

饗子: おなじみ、権利の束ですね。 

井上: ただし、異なる点がひとつあります。「レコード製作者」は基本的に「事業者」を想定したものであり、「実演家」のように「人格権」は認められず、「財産権」のみが認められます。

饗子: 人格権が認められない・・・。レコード製作者のプライドは無視されるんですね。

井上: そうです。お金がもらえればそれで充分だろう、ということですね。
さて、「レコード製作者の権利」の代表格といえば、「複製権」です。饗子さん、この「複製権」は、どんな権利だと思いますか?

饗子: 「自分の製作したCDを、他人に複製されることを防止する権利」だと思います。

井上: 全くその通りです! 前回までを良く復習していますね!

饗子: スマイル饗子は、プログレッシブ(進歩する)が命ですから。

井上: さて、プログレ過ぎてついていけない方のために説明しますが、レコード製作者の「複製権」とは、このように覚えてください。

レコード製作者の複製権とは、
「自分の製作した音源を、他人に複製されることを防止する権利」であり、

比喩的にいうと、
「他人が音源を複製するためのパスワードを設定する権利」である。

饗子: パスワードの比喩については、第1回目を参照してくださいね!

井上: レコード製作者は、複製権を持っているため、自分が製作した音源を複製されることに対して、「NO!」という権利があります。
しかし、レコード製作者であっても、その音源を自由に複製できるわけではありません。なぜならば、レコード製作者だけでなく、著作権者や実演家もこの音源の複製に関する権利を持っているためです。

饗子: 著作権者の「複製権」と、実演家の「録音権」ですね? 

井上: そのとおりです。だから、例えるならば、これらの権利者全員に頭を下げて複製のためのパスワードを聞き出して、3つのパスワードがそろわない限り、この音源を複製することはできないということです。

<原盤権とは>

饗子: そういえば、よく、「原盤権」という言葉を耳にしますが、これはどういう意味でしょうか?

井上: 音楽ビジネス用語でよく使われる「原盤権」は、著作権法上の「レコード製作者の権利」と同じ意味だと考えてもらって結構です。

饗子: へえ、そうなんですか。そもそも、「原盤」ってなんですか?

井上: 原盤というのは、マスターテープのことですね。オリジナル音源のことです。原盤を制作した人を、「原盤制作者」といいますが、これは、著作権法上の「レコード製作者」のことです。

饗子: 「製作」だったり「制作」だったり、漢字がややこしいですね。

井上: 「原盤権」と「レコード製作者の権利」は、基本的に同じ意味なのですが、「原盤権」というと、完全にビジネス用語ですので、がぜん生々しさが出てきます。
実際の音楽ビジネスにおいて、「原盤権」を誰が持つのか、というのは最重要事項の一つです。

饗子: え? そんなに重要なんですか? 私は単純に、有名なレーベルからCDを出せたらその分売れ行きも伸びていいだろうなあ、くらいに思っていたんですけれど。

井上: 売れ行きの話はまた別にしても、CDが売れたときに原盤権者に入る「原盤印税」というのは、とても大きいんですよ。

饗子: どれくらい大きいんですか?

井上: アーティストとレーベルの力関係によってまちまちですけれど、「著作権者」に入る印税と「実演家」に入る印税を足した額の、2倍くらいにはなると思います。

饗子: ええぇえええぇっっ!? そんなに?

井上: これには理由があって、原盤制作者は、原盤制作にかかる多額の費用を負担しています。だから、その分を取り戻せるよう、原盤印税は高く設定されているんです。それでも、CDの売れ行きが悪ければ元を取れないことも多々ありますので・・・原盤制作は、ハイリスクハイリターンなビジネスといえますね。

饗子: 私もインディーズレーベルからアルバムを何枚か出しましたが、そのようなリスクがあったとは知りませんでした。

井上: さて、原盤印税の他にも、原盤権を持つメリットがあるのですが、今回はメインテーマは著作権法の話なので、別の機会に譲りましょう。

ここまでで、「シンガーソングライターの権利」シリーズは、一応、終わりということになります。皆さん、いかがでしたか。

饗子: 皆さんのご感想、ご質問等をお待ちしています! あと、わたくしスマイル饗子への応援メッセージもお待ちしておりますよ!

井上・饗子: それではみなさん、さようならー!

通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら