実演家の権利とは?:シンガーソングライターの権利(2)

<登場人物>
井上 暁彦(以下、「井上」)・・・・・このブログの管理人で、弁理士。
スマイル饗子(以下、「饗子」)・・・将来有望なシンガーソングライター


井上: それでは、今日も、著作権の話をしましょうか。

饗子: 前回の続きで、「シンガーソングライターの権利」についてですね。

井上: 前回説明した一番大事なことは、次の2つです。
① シンガーソングライターが作曲をすると、その楽曲の「著作者」となる。
② 「著作者」は、「著作権」と「著作者人格権」を取得する。

井上: 今回は、次の段階、シンガーソングライターが楽曲を演奏したときに発生する権利、「実演家の権利」について説明します。

<実演家の権利とは>

饗子: 「実演家」ってなんですか?

井上: 実演家というのは、音楽分野でいうと、歌ったり、踊ったり、楽器を弾いたりする人のことですね。英語で言うと”performer”(パフォーマー)です。

饗子: なるほど。では、私も歌を歌ったりピアノを弾いたりするので、実演家ですね。

井上: さて、いま饗子さんが、ライブハウスで、デビュー曲の「エンドレス・スマイル」を歌ったとします。その瞬間、饗子さんは、実演家として、「実演家の権利」を手に入れます。

井上: この「実演家の権利」は、「著作権」と同じように、いくつかの権利の総称です。

饗子: 毎度おなじみ、「権利の束」ですね?

井上: そう、「権利の束」です。そして、この「実演家の権利」は、「財産権」と「人格権」の2つに大きく分けられます。これも前回説明した「著作権」と同じですね。

饗子: 「財産権」は、お金に関する権利で、「人格権は」プライドに関する権利でしたね。 お金とプライドが大事なのは、演奏者も同じですよね。

井上: さて、実演家が取得する「財産権」の代表として、「録音・録画権」が挙げられます。饗子さん、これは、どんな権利だと思いますか?

饗子: 名前からすると、おそらく、「演奏を録音したり録画したりする権利」だと思います。

井上: 概ね正解です。しかし、これも著作権のところで説明したのと同じでして、録音権を持っているからといって、自由にその演奏を録音して言いというわけでは有りません。

饗子: あ! そうでしたね。

井上: 難しいことは抜きにして、このように覚えてください。

録音権とは、
「その実演を、他人に勝手に録音されない権利」であり、

比喩的に表現すると、
「その実演を録音するためのパスワードを設定する権利」である。

饗子: わかりました!“パスワード”の比喩に関する説明は、前々回をご覧ください。

<録音・録画権とワンチャンス主義>

井上: さて、今日は基礎編なのであまり細かい話はしませんが、録音・録画権について、一つだけ補足しておきます。

饗子: なんでしょう?

井上: ここでいう「録音・録画」という行為は、実演を録音・録画する行為のみならず、録音したもの・録画したものを、さらに複製する行為も含むということです。
したがって、饗子さんは、ライブハウスで勝手に饗子さんの演奏を録音している人を見たら「やめて」といえますし、さらに、勝手に録音された音源をコピー使用とする人に対しても「やめて」といえるわけです。

饗子: 当然といえば当然ですよね。

井上: ただし、この録音物のコピーの禁止は、実演家である饗子さんの許可を得て録音した音源をコピーする行為には及びません。

饗子: えぇええっ!? なんだかややこしいですね!

井上: ややこしいです。これを、実演家の権利の「ワンチャンス主義」といいます。

饗子: ワンチャンス?

井上: 録音権というものは、なんだかんだいってもやっぱり財産権で、お金の問題なんですね。饗子さんは、自分の演奏を録音させる際に、お金をとる一度目のチャンスがあります。それを複製する際に、もう一度お金をとるチャンスを与える必要は無いだろう、という考え方です。

饗子: うーむ。なんか納得いかない気がします。

井上: 例えば、演奏をCDに録音して販売する場合、最初の録音の際にしっかりお金をもらっておかないと、あとからそのCDがどれだけ増刷されたとしても、法律上は、追加の報酬を請求する権利はありません。

饗子: でも、CDが売れるかどうか分からない状態で、がっつり報酬を請求できませんし・・・。

井上: そうですね。だから、「契約」が大切なんですよ。

饗子: どういうことですか?

井上: 先ほどのワンチャンス主義というのは、あくまでも、法律上の権利の話です。法律上の権利とは関係なく、売れたら売れただけ報酬をもらう、という契約を結ぶことは個人の自由なんですよ。

饗子: 契約が法律より優先されるんですか?

井上: まさに、その通りです。すべての法律より契約が優先されるということでは有りませんが、著作権の世界では、契約によりほぼ全てが決まるといっても過言では有りませんね。

饗子: そうなんですか! それじゃあ、こうして著作権の法律の勉強をするよりも、契約書をよく読むほう大事なんじゃないでしょうか?

井上: そうですね。実は、僕がこうして法律のお話をしているのは、契約内容を理解できるようにするためなんです。契約書は法律用語で書かれているので、法律が全く分からないと、契約書の意味も分からないことになります。

饗子: なるほど! 私はなんとなく、著作権の問題ってすべて著作権法で決められていると思っていましたけれど、一番重要なのは契約なんですね!

<著作隣接権とは?>

井上: 著作権法では、「著作物を創作したわけではないけれど、それを演奏したり、CDに録音したり、放送したりして、世の中に伝達する役割を担った人たち」に対して、一定の権利を与えています。この権利を、著作隣接権といいます。
今回説明した「実演家の権利」も、著作隣接権の一種です。

饗子: 著作隣接権・・・。どこかで聞いたことがあるような、ないような・・・。

井上: このように、シンガーソングライターは、作詞・作曲者として著作権(財産権)、著作者人格権を得る一方、演奏家として実演家の権利を得ます。だから、クラシック音楽の演奏家などに比べると、いろんな権利を持っている財産家といえますね。

饗子: 財産家って。売れるまでは、絵に描いた餅ですけれどね(笑)

井上: それでは、今回は、「実演家の権利」についてお話ししました。次回は、レコード制作者の権利について、お話しします。

饗子: さようならー!

<続き>

通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら