2016/08/23

認定資格機関に商標登録が必要な理由は?

こんにちは、AIS弁理士事務所の井上です。東京都杉並区で商標専門の弁理士をしています。

 

私は、お客様に、認定資格機関を作るときは、商標登録はほとんど必須だとご説明しています。それはなぜなのでしょうか?

 

 

もし資格の名前が使えなくなったら、資格取得者が困る

 

お客さんが認定資格機関で資格を取得したら、「◯◯という学校で××という資格を取得しました」というのが、その人にとって非常に重要なステイタスとなります。そのとき、この◯◯という学校の名前や、××という資格名が使えなくなったら、資格取得者は非常に困るのです。

 

 

商標登録は早い者勝ち

 

商標登録という制度は、早い者勝ちとなっています。ですから、あなたが最初に◯◯という学校を名乗っていて、××という資格名を使っていたとしても、もし、他の人が先に商標登録してしまったら、あなたはこれらの名前を使えなくなってしまうので注意しましょう

 

 

お客様のために商標登録する

 

商標登録という制度は、一見経営者を守るための制度に見えますが、それ以上に重要なのは、「需要者」を守るという視点になります。ここでいう「需要者」というのは、「お客様」と取引先」を指します。こういった方々に迷惑をかけないために、商標登録は重要な手続きです。

 

 

※商標登録について疑問や不安のある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

質問事項を記載するのが難しい方は、「商標登録の事で相談したい」という程度の簡単な書き方でも結構です。こちらから、ご連絡を差し上げます。

 

 

 

 <お問い合わせフォーム>

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

AIS弁理士事務所

住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/08/20

商標登録は、誰のためにするもの?(本当のメリット)

こんにちは、AIS弁理士事務所の井上です。東京都杉並区で商標専門の弁理士をしています。

 

 

今日は、商標登録の本当のメリットについてお話ししたいと思います。

 

 

商標って誰のためのもの?

 

少し難しい話をしますと、商標法の法目的は、商標の「業務上の信用」を守ることだと言われています。

これをもう少しロマンティックな書き方をすると、商標登録というのは、「あなたと、あなたのお客さんの信頼関係を守るもの」と言えます。つまり、商標というのは、商標権者のためのものであるのと同時に、お客さんのためのものでもあるということです。

 

 

商標は、あなたとお客さんを結ぶ「絆」です。

 

例えば、お客さんがスターバックスのお店を探そうと思ったとき、どうするでしょうか? 駅前にいたとすれば、あの、「緑の看板」が無いか、辺りを見渡すと思います。 あるいは、ネットで探すとすれば、「スターバックスという文字列」を検索すると思います。

この「緑の看板」や「スターバックスという文字列」こそが、商標です。そして、この商標は、お客さんがスターバックスのお店を見つけるための、まさに「絆」とも言えるべきものなのです。

 

 

 

 

 

※商標登録について疑問や不安のある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

質問事項を記載するのが難しい方は、「商標登録の事で相談したい」という程度の簡単な書き方でも結構です。こちらから、ご連絡を差し上げます。

 

<お問い合わせフォーム>

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

AIS弁理士事務所

住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カテゴリー

通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら