2016/02/06

東京都渋谷区で意匠登録のご相談でした

こんにちは、東京都杉並区で弁理士をしています、井上です。

今日は、商標登録ではなく、比較的めずらしい意匠登録のご相談でした。

 

 

意匠というのは、物の形(デザイン)に関する権利です。

 

意匠登録で保護できるのはあくまでも物の「デザイン」で、何のためにこういう形にしたのか、といったアイディアまでは保護できません。なので、権利範囲は比較的狭いと言われていて、中小企業の方は、なかなかなじみの無い制度かもしれません。

 

中小企業のお客様が意匠登録制度を使うシーンとしては、「形を工夫したアイディア商品ではあるけれど、特許になるような新しい技術とはいえない」というような場合に、「とりあえずこの形だけでも保護しよう」ということで意匠登録をすることがあります。

 

 

他人がデザインを変えて同じ物を作ることは防止できませんが、意匠登録されていることが、権利関係をきちっとしていることの証明になります。

 

ですから、メディアでの露出をねらうときや、大手と組んで仕事をするときには、特許や商標と併せて意匠登録も積極的に使用することをお薦めしています。

 

 

 
<お問い合わせフォーム>

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
AIS弁理士事務所
住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら