2013/01/21

商標登録は保険に似ている

前回は、商標登録によるリスク管理は、”保険”に似ているとお話ししました。
将来起こりうる事故に備えるため、お金を払い、商標登録をするということです。
ここでいう「事故」とは、3段階あります。
(1)他人が似たような商品名等を使用するようになる。これにより、自分の商品名等が目立たなくり、お客さんが減る(ダイリューション)。
(2)他人が似たような名前で粗悪なサービスを提供し始める。これにより、自分は信用を失う(ポリューション)。
(3)他人が似たような名前を先に商標登録してしまう。これにより、自分は今後一切同じ名前を使えなくなる。

 

(1)〜(3)の順に、大事故となりますが、
(2)も深刻な問題です。特に、信用が命のNPO法人にとって、致命傷となる可能性があります。

 

さて、この事故に備えるための保険料(商標登録にかかるお金)は、どのくらいでしょうか?
とりあえず、今回は、私の事務所を使って商標登録する場合の料金表を下記に示しました。http://www.aisint.jp/%E5%95%86%E6%A8%99%E6%96%99%E9%87%91%E8%A1%A8/
でも、これだけ見てもよくわからないですよね。
次回は、商標登録にかかるお金について説明します。

 

ご購読ありがとうございます。
弁理士の井上でした。

通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら