2015/12/22

愚痴を言っても大丈夫

こんにちは。東京都で商標専門の弁理士をやっている井上です。

 

新宿高島屋の紀伊国屋に、お世話になっている社労士の原先生の出版記念トークショーに行ってきました。

 

「グチの教科書」
原先生は、ストレスチェックテストでストレス度0%という脅威のスコアをたたき出した、圧倒的なポジティブオーラをまとった女性社労士です。

 

本のテーマは、「どうせ愚痴をいうならば、自分が幸せになる愚痴を言おう。」ということだそうです。

 

愚痴には、良いグチと悪い愚痴があるそうなので、ついつい愚痴を言ってしまう人にはおすすめです。

 

「グチの教科書」

 

さて・・・僕も、愚痴に関しては色々思うところがあります。

 

僕の場合、基本、愚痴は言わないことにしているのですが、どうしてもつらいときは、言うこともあります。
それで、僕が「良い愚痴」を言うとき気をつけていることとは・・・

 

・・・

 

・・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・・・

 

「いまから、愚痴を言います」
と、口に出して宣言してから言うことです。

 

あるいは、

「愚痴を言っていいですか?」

というように、相手に訊ねたりします。

 

ポイントは、「自分は今、愚痴を言っている」ということを自分の脳に認識させながら話すことです。
「いま、僕は愚痴を言っています。僕は、いま少々疲れているので、言葉が若干ネガティブになっていますが、それは本意ではありません。元気になるために、あえて、こういう言葉を使っているんです。」

 

こういう意識を持ちながら愚痴を言うと、多少ネガティブな言葉を使ったとしても、それが自分のセルフイメージをおとしめてしまう心配は薄くなります。

 

 

PS.

しかし、「愚痴」って漢字で書くとひどいイメージですね。
この漢字を考えた人は、よほど愚痴が嫌いなのでしょう。

 
PPS.

でも、「グチ」と片仮名で書くと、最初、かまぼこの材料になる魚の「グチ」を連想しました。

 

 

PPPS.

ちなみに、魚のグチも、漢字で書くと「愚痴」だそうです。これが語源なんですね。

 

 

この記事は、過去のメルマガを編集したものです。起業家人生が3倍楽しくなる「みんなの起業」の最新記事は、無料メルマガ登録フォームから。メールアドレスを記入するだけで登録できますし、ワンクリックで解除できます。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
AIS弁理士事務所
住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら