2015/12/15

サラダは取り分けても取り分けなくてもいい

こんにちは。

東京で商標登録の代理人をやっています、弁理士の井上です。
僕の大学時代の親友にF君という人がいます。僕は彼のことが大好きで、起業してからも、3ヶ月に1回、札幌に帰るたびに会います。だいたい、北大時代の友達5人(女性3人と男2人)で飲みに行くのが恒例になっています。

 

彼は、気配りの人というか、飲み屋でサラダを頼んだとき、必ずまっ先に、全員分を取り分けるんですね。いい人ですよね。

 

それでは、僕はどうするかというと、

「たまには、僕がやるよ」・・・とは、言いません。

 

彼の出番をわざわざ取り上げることはしないわけです。

「ありがとう」といって、それで終わりです。
F君は、みんなの役に立てて、うれしそうです。

 
ーーーーーーーーーーーーー
無理に役に立たなくてもいい
ーーーーーーーーーーーーー

もちろん、そっせんしてサラダを取り分けるF君は素晴らしいと思います。

けれど、F君がサラダを取り分けなければ、他の誰かがやるか、あるいは、誰もやらなければ、みんなが各自取り分けて食べるだけです。
「役に立つ」って、まあ、その程度のことだと思います。

 

 
ーーーーーーーーー
最高の貢献とは
ーーーーーーーーー
僕は、最高の貢献とは、「役に立つ」というということよりも、「誰かに存在意義を与える」ことだと思っています。

 

僕は、F君と一緒にいるとき、とても楽しいです。僕は、そのことをF君に伝えるようにしています。

だから、F君は、自分自身に存在意義を感じることでしょう。そんな感じで、僕らは15年くらい仲良しです。

 

 

 

※この記事は、起業か向けメルマガの過去の記事となります。最新の記事が読みたい方は、とりあえずこちらから無料登録してみてください。

 

 

 
PS.

どうしても「人の役に立ちたい!」という人は、相手に、ずばり、「何をすればあなたの役に立てますか?」または、「自分はあなたの役に立っていますか?」と、聞いてみましょう。

 

案外、その人が望んでいることは、サラダを取り分けることじゃなかったりします。

 

 

 

 

PPS.

逆に、一番相手のためにならないことは、「自分はあなたを不幸にしてしまった」と相手に思わせることかなと最近思います。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
AIS弁理士事務所
住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら