2013/01/28

商標の種類と守るべき優先順位

前回は、商標とは、お客さんがあなたのお店や商品に出会うための「目印」であるとお話ししました。
「目印」となる商標とは、大きく3種類あります。

 

(1)文字(名前)
(2)図形(絵など)
(3)図形+文字

 

(1)〜(3)のいずれもが、商標登録の対象となります。
例えば、スターバックスコーポレーションという会社の登録商標を、いくつか下記リンクに載せました。
http://www.aisint.jp/ex/
(1)〜(3)に分類されるのが分かるでしょうか?

さて、なんとなく、商標登録の対象となる「商標」にはどんなものがあるかが分かったところで、ここでもう一つお伝えしたいのは、「商標登録すべき優先順位」です。

 

つまり、もしあなたの会社が(1)〜(3)のいずれの商標も持っている場合、どれを真っ先に商標登録すべきか、という話です。

 

多くの場合、答えは、(1)となります。
一般的に、文字は、「目印」としての力が非常に強いためです。
さすが、人類最大の発明といわれるだけのことはあります。

 

そうすると、次に優先するのは、文字+図形の(3)ですね。
最後が、図形のみの(2)となります。
(あくまで「多くの場合」です。予算や業界によって変わる場合もあるのでご注意ください)
実際、スターバックスの例を見ても、登録された順を調べたところ、(1)(3)(2)の順になっていました。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。
弁理士の井上でした。

通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら