2016/08/24

商標登録の隠れた強さ(商標権はどこまで及ぶか?)

こんにちは、AIS弁理士事務所の井上です。東京都杉並区で商標専門の弁理士をしています。

 

 

商標登録をすると、その商標と「類似」の商標にまで権利が及びます。

 

例えば、「ABC」という商標を商標登録した場合、それと類似する「ABC’」にまで独占権が及ぶということです。しかし、実は、この「類似」というのが、かなりグレーな概念といえます。

 

商標登録になるかどうかの審査段階においては、審査官「審査基準」というものを基準にして、類似かどうかを判断します。しかし、一旦商標登録になった場合にその権利がどこまで及ぶか(つまり、「類似」かどうか)は、個別具体的なケースによって判断されるため、一概には言えません。最終的には、裁判をやってみなければ類似範囲というのはわからないのです。

 

 

グレーゾーンも考慮して商標登録をしましょう

 

商標登録をしたとき、どこまでを「類似の範囲」として権利を主張できるかは、ある意味グレーです。グレーゾーンは商標権が及ばないかもしれないですので、商標登録をするとき、この「グレーゾーン」も考慮して、安全な権利の取り方をするように注意します。

 

 

グレーゾーンの隠れた強さ

 

しかし一方で、グレーゾーンは、権利が「及ぶかもしれない」範囲です。これは、ときに、とても強く働きます。

例えば、「ABC」という商標を商標登録した場合、「ABCD」という商標に権利が及ぶかは、グレーゾーンのことが多いです。そういう場合、権利が及ぶかどうかの判断は最終的には裁判をしなければわからないわけですが、日本人は裁判をしてまで決着をつけることは好みませんので、「類似かもしれないな。」と思ったら、使用するのを止めてくれる傾向にあります。これは、商標権の隠れた強さと言えます。

 

 

 

※商標登録について疑問や不安のある方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

質問事項を記載するのが難しい方は、「商標登録の事で相談したい」という程度の簡単な書き方でも結構です。こちらから、ご連絡を差し上げます。

 

 

 <お問い合わせフォーム>

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

AIS弁理士事務所

住所:東京都杉並区永福1丁目39-27-103
お問い合わせはこちら
起業家向けメルマガ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

通常の商標登録のお客様はこちらから

音楽家向けの法律や契約の知識を無料で学べるメルマガです。

   ↓↓↓ 

アクセス

〒168-0064
東京都杉並区永福1丁目39-27-103

Mail;INOUE@aisint.jp

♪ご相談・ご依頼はこちらから
♪ご相談・ご依頼はこちらから

代表ブログ

⇒代表ブログ一覧はこちら